集計表を印刷する(中間計・日計機能)

このページでは、PAYGATE端末ごとの売上を確認できる集計表(中間計・日計)の印刷方法についてご案内します。

営業終了時には日計を、営業の途中でその日の売上を確認する場合は中間計を印刷してご確認ください。

印刷手順

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます
  1. 設定メニューを表示します
    totaling_01.png
    totaling_02.png

    画面右上のメニューボタンをタップします。

    『設定』をタップします。

  2. 中間計・日計画面を表示します
    totaling_03.png

    【中間計・日計】をタップします。

  3. 印刷する集計を選択します
    totaling_04.png
    totaling_05.png

    赤枠部分をタップします。

    『中間計』もしくは『日計』をタップして【決定】をタップします。

  4. 印刷する日付を選択します
    totaling_06.png
    totaling_07.png

    赤枠部分をタップします。

    印刷したい日付をタップして【決定】をタップします。

    選択した日付よりも前の日に日計処理されていないデータが存在する場合、最大過去3日分まで遡って印刷されます
  5. 集計を印刷します
    totaling_08.png

    【集計実行】をタップすることで集計表を印刷できます。

    【再印字】は、最後に印刷した日計を再度印刷するボタンです

『日計』と『中間計』の特徴

集計表は、選択した日付より前の日付にも集計データが存在する場合、最大過去3日分遡って印刷されます。

『日計』は印刷時点以前のデータをリセットしますが、『中間計』は印刷後もデータを保持するという特徴があります。

『日計』を印刷すると、印刷日より前のデータはリセットされますので、古い日付から順に印刷を行なってください。

『日計』は、同時に『楽天Edy締め処理』も行なわれます

楽天Edy決済をお使いの場合は、日計印刷を行なうと同時に自動で『楽天Edy締め処理』も実施されます。

楽天Edy締め処理について詳しくはこちらをご覧ください。

印刷イメージと詳細

本文中の画像はクリックすると大きなサイズで表示されます

07.png
①タイトル 『中間計』もしくは『日計』が表示されます。
②クレジット決済の集計

仕向先カード会社ごとの集計です。

【クレジット各項目】
[売上小計]
[取消小計]
[承売小計(承認後売上小計)]
[承取小計(承認後売上取消)]
[合計]
[売上処理中小計] 中間計の場合のみ表示
[承売処理中小計] 中間計の場合のみ表示

③電子マネー決済の集計

決済種別ごとの集計です。

【電子マネー各項目】
[決済小計]
[合計]

④QRコード決済の集計

決済種別ごとの集計です。

【QRコード決済各項目】
[決済小計]
[合計]

⑤共通ポイントの集計

決済種別ごとの集計です。

【ポイント各項目】
[P小計]
[共通ポイント合計]

⑥総計 各決済の総計が表示されます。
この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
このページの先頭へ